「蕎麦鑑定士」の級位は4段階

「蕎麦鑑定士」は、4級からスタートして、最上位は1級です。 この上に、「特別級」というランクがありますが、これは蕎麦について深い知識をお持ちの専門家などになっていただく、特別な級です。 一般の受講生の方は、1級が最高のランクになります。

各級の「養成講座」を一年受講し、4回以上の「食味体験レポートとペーパーテストを提出すると、「認定試験」の受験資格が得られます。「認定試験」に合格し、合格者対象の講習会を受講すると、各級の「蕎麦鑑定士」に認定されます。
また、「認定試験」を受験することができない方には「準級」の制度があります。これは「養成講座」を修了し、「準級」の認定申請をすることで、「蕎麦鑑定士」各級の「準級」に認定されるものです。詳しくは、「準級」についてをご覧ください。