Top page

蕎麦鑑定士

蕎麦鑑定士養成講座に、ようこそ!

               主 管 日本蕎麦保存会
               運 営 蕎麦鑑定士認定制度運営委員会
               協 賛 蕎麦Web

【蕎麦鑑定士に認定されるまでの流れ】

蕎麦鑑定士養成講座は、メールで受講する通信講座です。東京から離れた地域にお住まいの方も受講していただけます。

初めて受講される方が、4級・蕎麦鑑定士に認定されるまでの流れを、わかりやすく図解します。

蕎麦鑑定士の流れ

 蕎麦鑑定士とは、伝統的な日本蕎麦について正確で深い知識を持ち、蕎麦の香り、味、腰、喉越しなど、蕎麦特有の食味を総合的に評価できるよう、「蕎麦鑑定士養成講座」において一年以上の訓練を積んだ有資格者の呼称です。
一言でいうと、〈蕎麦とはどういうものであるかを、知っている人〉のことです。
 蕎麦のことを楽しく学び、「蕎麦鑑定士」の資格を手になさってください。

     蕎麦鑑定士 認定制度運営委員会 委員長 片山虎之介

 

2018年度、蕎麦鑑定士 養成講座、お申し込み受付中

「蕎麦鑑定士 養成講座」は、テキストの配信とあわせて、動画やオンラインを駆使して蕎麦のことを立体的に学んでいただきます。

日本蕎麦の基本を、きちんと学びたい方、以下の赤いバーをクリックして、メールフォームにご記入いただき、お申し込みください。

 

12種類の蕎麦

級ごとに12種類の蕎麦の味を体験していただきます。1級に認定されるまでに48種類の蕎麦を知ることができます。

 

蕎麦鑑定士

 

蕎麦の製粉について、基礎知識を学んでいただきます。

 

【講座の特徴】

●4級から始まり、1級取得までに16回配布されるテキストと、オンラインで配信される8本の動画によって、正確で深い知識を立体的に学習できます。16回のテキストを書籍のページ数に換算すると、320ページを超える書籍と同等の情報量になります。

●年に一回、東京の会場に、受講生全員の方にお集まりいただき、12種類の蕎麦を召し上がっていただきます。4年受講していただくと、48種類の蕎麦を味わうことができます。なお、東京に来れない方は、取り寄せ蕎麦で学ぶ方法があります。『そば打ち教室、食べて学ぶ そばの学校』をご覧ください。

●ご自分で蕎麦屋巡りをして書いた食味体験レポートが、Webサイト『蕎麦Web』及び『そばが美味しい日本蕎麦保存会』に掲載され、世界中の蕎麦好きの方に公開されます。

●食味体験をしてレポートを書くことで、蕎麦とは何かという問題が、身体的な感覚として理解できます。

●蕎麦鑑定士養成講座を受講している皆さんは、「蕎麦のソムリエ」や「日本蕎麦伝統技能保持者」などの講座、イベントにも、ご参加いただけます。これにより蕎麦打ち技術や蕎麦料理など、多面的な蕎麦の知識が身につきます。

●高度な内容を、わかりやすくお伝えするのが、蕎麦鑑定士養成講座の特徴です。「蕎麦のことは何も知りません」という方から、プロの蕎麦屋さんまで、充実した内容を楽しんでいただけます。

●メール受講が基本ですが、メールをなさらない方も、郵送による受講が可能です。

●(一社)日本麺類業団体連合会などの会員には特典があります。

●本年度より動画の配信も行うため、年間受講料が7,000円となります。ご了承ください。

 

【受 講 料】

【年間受講料】

7,000円

 

【認定講座受講料】

東京会場で食味体験をして、専門家による特別講義を受講していただき、認定証を受ける際の受講料です。当日、お支払いいただきます。

4級 22,000円

3級 27,000円

2級 27,000円

1級 27,000円

 

 

そば打ち

蕎麦は打ち方によって食味が変わることを学んでいただきます。

【講座の概要】

蕎麦は、日本の誇る食文化であり、和食を代表する料理のひとつです。

ところが蕎麦は、他の料理に比べて専門性が高く、良い蕎麦を作るためには特別な技術と知識の習得が必要になります。一般的な日本料理とは、また違った難しさがあるのです。

「蕎麦は奥が深い」と言われる理由は、そういうところにあります。

 

本講座は、蕎麦に5つの方向から光を当てて解説します。

1、「蕎麦のおいしさ」を解明する

2、おいしいそばができる畑の条件を知る

3、そばの持ち味を引き出す製粉を知る

4、そばは、打ち方で味が変わることを知る

5、そばの日本史、世界史を知る

 

これらのテーマを、日本蕎麦を熟知した専門家が、テキストの配信やオンラインによる動画、ときには実際に体験していただくことも含めて、わかりやすく解説します。

 

蕎麦の奥深い歴史について、詳しくなっていただきます。

【東京の会場に集まっていただき、合計48種類の蕎麦の味を体験していただきます】

2月から3月に、受講生の方は、各級全員、東京の会場にお集まりいただき、皆さんに12種類の蕎麦を試食していただきます。

毎年、試食用蕎麦の内容が変わりますので、継続して4年受講していただくと、合計で48種類の蕎麦の味を知ることができます。

 

日本蕎麦の基本になる蕎麦を味わっていただきますが、毎回、テーマを決め、それに沿って蕎麦を選びます。

1級を取得するまでに体験していただくテーマは、以下の通りです。

 

【在来種、美味しさの理由を知る】

【全粒粉と並粉、一番粉、それぞれの魅力】

【小麦粉つなぎを広く、深く知る】

【郷土蕎麦の知恵と工夫】

【手挽き石臼の秘密を解明する】

【ブランド蕎麦は、どれがいちばんうまいのか】

【プレミアム蕎麦の凄さを体験する】

【江戸時代の蕎麦を味わう】

【さらしな蕎麦の無限の可能性】

【世界の蕎麦をめぐる】

 

「伝統の日本蕎麦」とは、どういうものであるのかが、この食味体験を通して、ご理解いただけることでしょう。

 

食味体験講座のあとは、蕎麦の専門家や大学教授など、一流の講師による特別講義を受けていただき、認定証の授与となります。

 

【東京から離れた地域にお住まいの方も受講できます】

なお、東京から離れた地域にお住まいで、仕事の都合で東京で行う「48種類の食味体験講座」に、どうしても参加できないという方は、「蕎麦鑑定士・準級」としての認定が可能ですので、右サイドバーの「準級について」をご覧ください。

また、新たに開設した「取り寄せ蕎麦で食べて学ぶ、蕎麦のソムリエ通信講座」では、非常に多彩な蕎麦の食味を、ご自宅で体験していただくことができます。

これを受講していただくことにより、「準級」ではない「蕎麦鑑定士」の認定も可能です。遠方にお住まいの方は、ご検討ください。

「取り寄せ蕎麦で食べて学ぶ、蕎麦のソムリエ通信講座」は、『そば打ち教室、食べて学ぶ そばの学校』で行っています。

 

 

 

 

・・・・報告・・・・

平成28年度の「蕎麦鑑定士」、1級は24名が誕生しました

平成28年度に受講していただいた「蕎麦鑑定士」養成講座の認定試験を、平成29年2月、3月に、東京で開催しました。
遠くは北海道から九州から、蕎麦を愛するたくさんの受講生がご参加くださいました。

本年度は、東京・神田の会場で、1、2、3、4級の認定試験を行いました。
今回、1級に認定された方は、今までに合計48種類の日本蕎麦を味見するという、すばらしい体験をしていただいたことになります。
蕎麦の食文化の奥深さを、舌で理解していただけたことと思います。
皆さんから、とても貴重な体験ができたと、嬉しいご感想をいただきました。

 

12種類の蕎麦

 食味試験は、各級それぞれ、個性の異なる12種類の蕎麦の食味を体験していただきます。さらに13番目にもう一度、蕎麦を食べていただき、その蕎麦が、さきほど食べた12種類のうちの、どれに該当するかを当てていただくという試験です。

日頃、「蕎麦鑑定士」養成講座を受講する中で、さまざまな蕎麦を味見し、食味体験レポートを提出している受講生の皆さんは、蕎麦の食味について、鋭敏な味覚をお持ちであることが、この試験の結果に現れていました。

そうした、蕎麦に詳しい方々が書いた食味レポートは、蕎麦の情報サイト『蕎麦Web』の中の「蕎麦鑑定士」受講生レポート(そばログ)に掲載していますので、どうぞご覧になってください。

また、レポートは『そばが美味しい日本蕎麦保存会』にも掲載してありますので、ご覧ください。
日本各地の蕎麦屋さんの、個性、特徴が良くわかります。 蕎麦屋さんを訪ねるときの参考になさってください。

 

蕎麦鑑定士