4、「蕎麦鑑定士」養成講座と認定講座は、どんなことをするのか

養成講座は、一年単位で受講していただきます。4回提出した食味レポートの内容と、試験問題の成績で合否を判断します。合格者は、年度末の2~3月に実施する「蕎麦鑑定士」認定講座を受講していただきます。この講座を受講すると、次のステップに進むことができます。受講ご希望の方は、このページのいちばん下にある赤いバーをクリックして、メールフォームにご記入いただき、送信してください。またはお電話・FAXにて、お申し込みください。

お申し込みいただいた方にはご案内を差し上げます。

4冊のテキストを読むと同時に、受講生の方には、ご自分のお好みの蕎麦屋さんで蕎麦を召し上がっていただき、その感想を「食味レポート」として提出していただきます。

レポートの書き方や、写真の撮り方は、最初のテキストで、詳しくご説明します。

蕎麦は「食べるもの」です。机上の学問だけでは、本当の蕎麦の味はわかりません。実際に食べて、舌で経験することにより、蕎麦というものが、どういうものであるのかが、わかってきます。

「知識を学ぶこと」と、「食べて体験すること」が対になって、この講座は成り立っています。

認定講座では、東京の会場で12種類の蕎麦を味わっていただき、蕎麦に関する各分野の専門家による講義を受講していただきます。

ご提出いただいたレポートは、『蕎麦Web』あるいは『日本蕎麦保存会jp』のサイトで発表します。